神奈川県でのPRは、[PR by AD]で。
神奈川県に関連する企業のプレスリリースを無料掲載。

プレスリリースを掲載したい

御社のプレスリリースを無料掲載できます!

プレスリリースを受信したい

メディアの方向け。随時配信します。

PR業務委託のご案内

定期契約から案件のごとのPR委託まで、御社のご事情に合わせてご対応いたします。

東急線アプリを、お客さま一人一人にとって便利なアプリへ ユーザーごとにカスタマイズできるアプリへとリニューアルします! ~選択した駅ごとに、電車の到着時間、混雑度、天気予報などをすばやく表示~

2017年04月21日

東京急行電鉄株式会社

当社は、お客さまへのさらなる利便性の向上として、スマートフォン向け、「東急線アプリ」(以下、本アプリ)のリニューアルを4月24日(月)に行います。

今回のリニューアルでは、頻繁に利用する駅を「マイ乗降駅」としてアプリのトップページに設定することができ、次の電車の到着時刻や混雑度(新機能)など、お客さまが必要とする情報を、ご自身が見やすいようにカスタマイズすることができます。また、駅ごとの天気予報(新機能)が閲覧できるようになり、大雨や暴風雨、大雪が予想された場合、直ちにプッシュ通知でお知らせをします。そのほか、これまで利用頻度が高かった「バスナビ」から、トップ画面に2つの停留所を事前に登録できる「マイバス」機能を追加し、バスが今どの位置を走っているのか、3つ前の停留所からすぐに確認できるようになります。

さらに、直近の電車の所要時間の実績を検索できる、鉄道業界初の機能「駅間time」については、これまで単一路線でのみ対応していましたが、複数路線をまたぐ場合にも対応します。さらに今回、武蔵小杉駅で情報発信技術「LinkRay」※を活用し、駅構内に設置された案内サインを専用のアプリで読み取ると、駅周辺の目的地への地図などを本アプリ内で表示する「武蔵小杉駅LinkRay案内」を実施します。

当社は今後も東急線をご利用されるお客さまに対し、一人一人のニーズに沿った情報を提供することで、安全、安心、快適な東急線をめざしていきます。

新しくなった本アプリの詳細、および画面イメージについては以下のとおりです。

※「LinkRay」とは、スマートフォンのカメラを LED 光源またはその光源に照らされた対象物へかざすだけで、情報をすばやく受信することができる技術です。

リニューアル後の「トップ画面」 「マイバス」設定後画面イメージ

1.リニューアル予定日
2017年4月24日(月)

2.新機能

マイ乗降駅(トップ画面カスタマイズ)
頻繁に利用する駅を「マイ乗降駅」として登録し、トップ画面に表示できます。トップ画面から1タップで、これから乗る電車の走行位置や、混雑度、駅ごとの天気などさまざまな情報を閲覧することが可能になります。

「マイ乗降駅」設定後画面イメージ

電車混雑予測の表示

新たに株式会社ナビタイムジャパンと連携し、トップ画面に、時刻表の表示と合わせて到着する電車の混雑度を6段階のアイコンで表示します。

※大幅な遅延や運休の場合は、表示されません。

※株式会社ナビタイムジャパン独自の統計と技術に基づき、電車の混雑を予測して表示します。

天気予報表示

新たに株式会社ウェザーニューズと連携し、「マイ乗降駅」に登録した駅について、駅ごとの天気予報が閲覧できるようになります。また、大雨や暴風雨、大雪が予想された場合、直ちにプッシュ通知でお知らせをします。

※東急線アプリのプッシュ通知設定を許可している場合のみ、通知が届きます。

駅の天気予報イメージ  天気予報プッシュ通知イメージ

マイバス登録(トップ画面カスタマイズ)

東急バス株式会社と連携し、頻繁に利用する停留所を「マイバス」として2つまで登録でき、トップ画面に表示できます。登録後、トップ画面から1タップで、バスが今どのあたりにいるのか、3つ前の停留所まで確認できるようになります。

「マイバス」設定後画面イメージ

駅間timeの複数路線対応化

鉄道業界として初めて、東急線内の目的駅までの所要時間実績を表示する機能を、昨年8月から開始しています。従来は単一路線の駅間しか検索できなかった機能を、今回のリニューアルで複数路線にまたがる東急線内であれば、どの駅間でも検索可能にしました。

さらに、検索した駅間でかかった所要時間の直近2時間の実績値(最大7本)の推移を、グラフで確認することができます。

※検索結果は所要時間の実績であり、予測ではありません。

※東急線内のみが検索対象です。

※早朝など運行実績がない区間については表示されません。

○「武蔵小杉駅LinkRay案内」

東急東横線 ・目黒線武蔵小杉駅において、駅をご利用のお客さま向けに周辺のスポットへの道案内を「LinkRay」によって実施します。東急線アプリのメニュー画面から「武蔵小杉駅LinkRay案内」を起動し、武蔵小杉駅構内の「LinkRay」アイコンがついた案内サインや情報発信スペース「こすぎアイ」の大型ビジョン上部のライトバーから発せられる光をカメラで読み取ると、商業施設など、駅周辺の目的地までの地図や、現在位置からの方向などを、東急線アプリ内で表示します。


※「LinkRay」アプリのダウンロードが必要です。

※「LinkRay」および「LinkRay」アイコンはパナソニック株式会社の商標です。

※詳しくは http://panasonic.biz/it/light-id/ をご参照ください。

「武蔵小杉駅LinkRay」発信スポット

3.既存機能

・時刻表

・迂回ルート検索

・列車の現在位置表示

・東急線の運行情報

・遅延証明書の取得

・駅間time

・駅施設に関する情報(お手洗い、エレベーター位置など)

・定期券予約システムへのリンク

・運行情報のプッシュ通知配信

・TOKYU POINTサービスへのリンク

・のるレージサービスへのリンク

・東急グループ各施設のお得な情報やクーポンの配信

・東急線キャラクター「のるるん」のミニゲーム

 

4.東急線アプリダウンロード数の推移
2015年10月1日から、2017年3月31日までの総ダウンロード数は、約40万ダウンロードです。

5.利用料
無料
※ダウンロードにかかる通信費はお客さまのご負担となります。

6.ダウンロード方法
Android:Google playよりダウンロード
iPhone:App Storeよりダウンロード

7.対応OS
Android:OS2.3以降
iPhone:iOS7.0以降

※機種によって上記OSでも正常に表示されない場合があります。

※iPhone,iPod touch,App Store は、米国およびその他の国々で登録された

Apple Inc.の登録商標です。

※Android、Google playは、Google Inc.の商標または登録商標です。

8.アプリ制作会社
株式会社アイリッジ( https://iridge.jp/

株式会社アイリッジは、「インターネットを通じて、世の中に新しい価値を創り続けていく」という理念のもと、 企業のO2O(オンラインとオフラインの相互送客)支援を行っています。 スマートフォン向け位置情報連動型プッシュ通知ASP「popinfo」の提供や、 アプリの企画・開発、 アプリを活用した集客・販促支援を行っており、 O2Oやアプリ開発の分野では業界トップクラスの実績があります。

【プレスリリースをダウンロード】