第8回しでんほーる連続講座 ~吉田新田350周年記念~ 横浜の原点「吉田新田」を開催します

横浜市磯子区滝頭にて「横浜市電保存」を運営する一般財団法人 横浜市交通局協力会(横浜市中区長者町、理事長・山﨑幹夫)は7月22日、吉田新田完成350周年を記念して『第8回しでんほーる連続講座 横浜の原点「吉田新田」』を開催します。
ヨコハマはかつて海だった――
江戸時代に吉田勘兵衛によって開発され、今年で完成してから350周年を迎える「吉田新田」。10年以上におよぶ難工事の末、時代の流れとともに海から水田、さらに町へと姿を変え、まさに“横浜開港の礎”となった「吉田新田」の謎に迫ります。

日時:7月22日(土)13:00~15:00(講座終了後に交流会あり)
場所:横浜市電保存しでんほーる(横浜市磯子区滝頭3-1-53)
講師:斉藤 司さん(横浜開港資料館主任調査研究員)
定員:45人 電話にて事前受付、当日参加可
参加費:入館料のみ(大人300円 小人100円 65歳以上200円)

コメントを残す